心の広さはひとりぶん

日々あったことを書いています。

「小説を書く」ということ。

初めに!

私の趣味のひとつに、「小説を書く」というのがある。これは小学校低学年くらいから続いている。主にマンガやアニメのキャラを使ったキャラ小説を書いたり自分の妄想を叶えるために書いていたりする。

飽き性で物臭な私でも、いつも続いてきた。

よく、小説を書くと、悩みとして「全く書けない」「書き続けられない」ことが多々出てくる。インターネットの海で検索をかければ、「小説 書けない」「小説 スランプ」と検索する方が多いだろう。

 

今回は、私が個人的に、スランプの波を抜けるために行っている方法でも書こうと思う。趣味で小説を書いているだけなので、参考にならないかもしれないが、この記事を読んだ方がちょっとでもスランプの抜け道が見つかれば嬉しい。

 

スランプの抜け出し方

書き出してみた。

 

  • とりあえず文字を打つ
  • 箇条書きに書いていく
  • 音楽をかけて気分をあげる
  • 好きなキャラの話を妄想をする
  • あえて書かないで寝かせておく
  • 書きたいところだけ書く

 

┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈

 

とりあえず文字を打つ

不思議なものでテンションが下がっていてもポチポチ打っていれば自然と話も出てくる。

書いては消して、書いては消して……を繰り返す作業だが、だんだん嫌になって、スマートフォンを投げたくなることもあるが、10分くらい、これを行っていると、不意にアイデアが降りてくることもあるのだ。

 

 

箇条書きに書いていく

よく私が行っている方法の一つである。

ほかの人にとってはプロットにあたるかもしれない。箇条書きというか場面を想像するものが多い。

 

例としてNL、GL、BLを挙げる。

 

(ex)

①NL

夏の青春をイメージした話

季節は夏あたり、少女と少年が一緒に歩いている→途中でイケメンとすれ違う2人、少女がイケメンを褒める→嫉妬する少年、それを見て笑う少女→「君の方がかっこいいよ」と褒める少女、赤くなる少年→大きく咲くひまわり

 

②GL

卒業をイメージした話

桜が見える教室に呼び出された主人公(女)、教室には卒業生がいた、告白される主人公、好きでした、泣き笑いの卒業生、握手する、空を見上げる主人公

 

③BL

オフィス、仕事でミスをしてしまった受、攻にやいのやいの言われる、攻は言葉がキツイので、受は色々な人に慰められる、受は攻めに対してあんなに言い方はないだろ!と、憤る

→定時後、仕事が残ってしまった受、なかなか終わらずチベスナ顔になる、途中でコーヒーが差し入れられる、渡してくれたのが攻で受は見る目を変える、残業を手伝ってくれたりして、2人は仲良くなっていく

 

こんな感じ。プロットを立てるのではなく箇条書きであるが、「こういうシーン書きたいなー」「あ、このセリフいいな。 いれちゃお」とあっちこっちに飛んでしまうのもご愛嬌。

 

 

音楽をかけて気分をあげる

音楽というのは大変重要だ。

こち亀のあのBGMで、シリアスなシーンなんてやった日には、ギャグなのかと思われてしまうし、逆に壮大すぎる音楽で書き進めれば、自分の作風と違うようなものも生まれてしまうだろう。好きなカップルの話を作る時は、それに合わせた曲を聞きながら作る。最近のYouTubeでは公式のアカウントがMVをフルで聞かせてくれるのでいい。

 

 

好きなキャラの妄想をする

あなたの好きなキャラクターを思い浮かべてほしい。その人に恋人は?もしいなければ、どんな人が好みだろう?自分がその人の恋人だったらどんな恋愛をしているか?

あなたは、想像しているのが楽しくなっているだろう。空想や妄想にて、「こうだったらいいのにな」という考えは、アイデアの宝庫だ。

 

 

あえて書かないで寝かせておく

続きをかけないならばあえて筆を置いてみよう。もしかしたら数時間後にひらめくかもしれない。思いつかなかったらざざ〜っと構想だけしておいてお漬物のように寝かせておく。

 

 

書きたいところだけ書く

書き出しがかけなければ、自分がいる書きたいと思ったシーンだけを書き綴るのもいい手だと思う。恋愛ならば、主人公が告白するシーン、または告白されるシーン、デートのシーンなど。そうして、そのシーンにたどり着くまでを計算立ててゆけば、書き出しもかけるのではないだろうか。

書き出しは、そこで読者と作者の勝負となる。

 

┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈

また、このほかにも、プロ・アマチュア作家の

書いた作品を読むという手もある。煮詰まった時は他人の書いた作品を読むと、ちょっとずつ抜け出せる。ずっと自分の作品を詰めていると、深い海の底でもだも出しているような感覚に陥る。読書は、その状況を打破してくれる。

 

 

このまで、つらつらと、個人的な体験を主として、小説を書くことに視点を向けた。

 

1番無料で手軽に始められる趣味のひとつだと思う。

 

 

風邪か?それとも花粉症?

 

ここ数日、鼻水と喉の調子がおかしい。

くしゃみを連発し、鼻水が止まらない。喉は痛みと痒みが同居してきた。

 

「くしゃみが止まらないしボーっとするから風邪かな?」

何となく、友人との会話にそれを混ぜてみたら、友人は「もう花粉は飛んでるよ」と辛そうに鼻を噛みながら教えてくれた。

 

ははぁ。

まだ寒さも落ち着かない時期から花粉は飛んでいるのかと妙に感心した。

実は私、一度だけ花粉症を発症したことがある。小学生の時だ。

比較的軽症であったらしく、すぐに私の鼻は、落ち着きを見せた。

 

まさか、またぶり返すだなんて。

 

とりあえず、今は箱ティッシュが手放せなくなっている。

病院に行ったほうがいいかな。

 

フリーゲーム進捗(ティラノビルダー)

ちょっとずつ進めていたティラノビルダーでのフリゲ制作。

現時点ではタイトル画面とスタッフクレジットは完成した。

ゲーム画面は960x640。

 

中身がちょっと少ないから、煮詰めないと( ≧Д≦ )…。

 

f:id:inagoinazuma11:20180203181926p:plain

 

 

 

フリーゲーム進捗~

先日、RPGツクールシリーズの補填セールが行われていたので、思い切って「RPGツクールVXAce ダウンロード版」を購入。

 

中々、マップを描いたり顔グラを書くのが大変だが、とても楽しい。

ティラノビルダーも触りながらノベルゲームを作っているが、これも楽しい。

エターナルにならぬよう、気を付ける。

 

下記のイラストはRPGツクールで制作中の自作ゲームに登場する

女の子の顔グラ。単眼少女である。単眼好き。

f:id:inagoinazuma11:20180119233559p:plain

 

 

2018年の抱負

今週のお題「2018年の抱負」

( ≧Д≦ )明けましておめでとうございます。( ≧Д≦ )

今年度の抱負を記事にしました。

  • 短編小説を50本書いてネットに掲載する
  • 長編小説を3本書いてネットに掲載する
  • 自作フリーゲームを1つ作る(ティラノビルダーを使用する)

このほかにもダイエットだとかも考えてた。

あと、大学生活が終わりに近づいてきたので、就活関係もちょびっとずつ進めていきたい所存。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イベントだーい!!

私の好きなソシャゲに「アイ★チュウ」というタイトルがある。

このゲームは、アイドルになる途中の男の子たち=アイチュウを育てるというのがメインである。

 

このゲームのイベントが、今週の12/5 16時から始まった。

今回は「轟一誠」というキャラクターがメインのイベントである。

轟は前野智昭さんが担当している。「刀剣乱舞」に登場する「山姥切国広」と同じ声優さんだ。とてもかっこいい。

 

結構前にアップデートがされたので、なかなかスタイリッシュなUIに変わった。以前のかわいらしいUIも好きだったが、現在のUIもなかなかいいものである。

 

1週間しかイベント期間がないので、轟のLEカード・2枚取りを目指す。

ただ、手持ちのカードの育成が間に合っていないので、それも何とかしなくては…。

においの記録

最寄駅から自宅まで徒歩20分強かかる。

大体、5限まで講義が入っているので、自宅に着くのは

19時を回ることが多い。

 

歩いていると、どこかの家か見当がつかないのだが、いい香りが

している。

 

いつも、和食っぽい匂いが洋食っぽい匂いになったり、その反対も

あったり。

 

夕食が楽しくなる。

マイブーム曲

マイブーム曲。

やあ、ザフランとかみんとかいろいろ名乗ってる人間だよ。

12月から「紅見屋みん」にしてるよ。

 

今回は、カラオケをテーマにした記事だよ。

私、はっきり言って音痴。

めちゃくちゃヘビロテしている曲があるんだけど、カラオケで歌うとなると

めたくそ音程が取れていないんだよね。

 

今流行りの曲がとても難しい…( ´・_・`)

酷い時にゃ、70点以下!!( 'o')

 

最近は、歌謡曲を中心に聞きまくってカラオケで披露してる。

1970~00年代の楽曲はあんまり突飛な音程に飛ばないから、歌っていて

楽しいし、ストレスがない!!

友人や先輩からは「渋いね」「レトロだね」って言われるんだよねー。

あと、ディズニーソングも好き。声優さんのアレンジバージョンをよく

聞いてるー。

「ひと足お先に」の杉田バージョンは、もろ銀さんが歌ってるみたい。

 

【最近のマイブーム曲】

 


渡辺真知子 / かもめが翔んだ日

 


村下孝蔵 - 初恋

 


財津和夫:サボテンの花 「ひとつ屋根の下」同一屋簷下(主題曲)

 

来年の手帳!( ‘-^ )b(*ˊᵕˋ*)

 

今年も、あと数ヶ月で終わる。

今月も中盤になってきた。

 

この季節になると、来年の手帳がたくさん発売され始めているのを、よく見かける。

 

以前、私は、ほぼ日手帳を買ったが、ほとんど予定がない&家から出ない&あまり遊ばないという人間なので、全くと言っていいほど白紙の状態。

 

あまり書くほうでもないので、これは失敗した。書く時は書きまくっていたが、普段は殆ど書かずに終わるのだ。

 

だが、学校関連(小テストとか部活とか)の予定を忘れがちなので、手帳は一応必要。

 

来年使用する予定の手帳は、百均(ダイソー)で購入することにした。

f:id:inagoinazuma11:20171019020113j:image

 

黒地のシンプルなやつで、メモ帳と数字だけが記入されている。

友人や家族からは「渋い」「おじさんが持ってそう」などと評されたが、数日使ってみた感想としては……。

 

「結構書きやすいし丁度いい」。

 

日付や年度など書かなくてはいけないけれど、便利。

メモ帳も沢山あるから、存分に書けそうで楽しみ。